タイトルポール買うなら元気日和
トップページトピックス始めてみようまなbニュース情報ひろば

新着記事


カテゴリー




元気日和


リンク
クロワッサンで大評判
コアフィット




ストリーミングサービス−Jストリー
協賛:Jストリーム
ふるさとマルシェ

HOMEノルディックウォーカー掲示板



«Prev | | 1 | 2 || Next»
Category: 雑談
Date: 1970/01/01
Posted by: menjo
最終回は今回の特別ゲスト高橋直博さんの写真を中心にご紹介します。







次の4枚はコマ送りのように見てください。












高橋直博さん、ありがとうございました!


すっかり暗くなって、東京駅がライトアップされました。






駅をバックに撮影する人がいっぱい






Category: 雑談
Date: 1970/01/01
Posted by: menjo
写真集第3回です。

東京駅丸の内口に皇居方面から向かうひろーい歩道でみなさんを待ち構えていました。


サンタさん到着


直博さんが“お迎え”に行って戻ってきました。右はウェルネスササキクリニックの佐々木巌先生。佐々木先生は板橋で自らノルディックウォーキングの会も実践しています。

以下、スナップ集です。






















ここで、丸ビル5階から撮ったレトロな新装東京駅です。丸ビル5階にバルコニーがあるのをテレビで知りました。










(次回は最終回、高橋直博集の予定です。)

Category: 雑談
Date: 3443/11/20
Posted by: menjo
12月2日に行われたチャリティノルディックウォーキング(ノルディックウォーキングクラブ関東主催)の写真集第2回です。


開会式であいさつをする特別ゲストの高橋直博さん。高橋さんは日本でただ一人のインターナショナルコーチ(INWA=国際ノルディックウォーキング協会公認)です。フィンランド人の奥さんとフィンランドに住み、日本との間を行き来しています。


主催団体ノルディックウォーキングクラブ関東の副代表丸島さんのあいさつ


司会は稲城ノルディックウォーキングクラブ代表の神田さん


会場のていぱーくのホールがぎっしり埋まりました。


集まった寄付金を日本・フィンランドサンタクロース協会に渡しました。
サンタさんに手紙を書こうというスタイルで手紙文化を守る運動をしているそうです。


クラブ関東の宮澤さんからわかりやすい諸連絡


開会式後、外に出て、まず全員で記念撮影


撮影担当は共催団体のノルディックウォーキングクラブLOCOの高橋努さんとクラブ関東の高橋愛晴さん
右にいるのはLOCOの代表相原さん


さあいいですか?


高橋直博さんを囲んで


田村芙美子さん(クラブ関東、walking hut 121 駒沢公園代表)、直博さんと


あらあたしも入れて・・・


直博さん、ひっぱりだこです。


男性は全員が高橋さん!右から直博さん、努さん、愛晴さん


直博さん、次のグループが来るまで広い歩道(広場?)でノルディックウォーキング
灯りもついていい雰囲気になってきました。でも、寒い。





(まだ続きます)

Category: 雑談
Date: 1970/01/01
Posted by: menjo
芝居を見に行くこと自体がスリルだったというとちょっとオーバーですが、一人暮らしの母親が転倒、歩行困難になってしまったため、いつとって返さねばならないかとひやひやでした。芝居は芝居で、内容は怪談ものですので背中がぞくっと・・・。

休憩をはさんで正味約3時間。いやーおもしろかった。とにかくぐいぐいひきずりこまれて飽きずに見てしまいました。当然ながら携帯を切ってしまったこともあり、母親のことはすっかり忘れて、外に出てからようやく思い出しました。

ミーハーの私にとって最大の収穫は、元キャンディーズの蘭ちゃんを数十センチの間近で見られたこと。今や54歳の蘭ちゃんですが、目の前の蘭ちゃんの横顔はキャンディーズのときの蘭ちゃんそのものでした。

その蘭ちゃんの役は、貧乏暮らしで一生終わるとおもいきや、幸運に恵まれて大きな商店の女将になるのですが、どんでん返しで夫に殺される運命にある女性お峰です。

幽霊からある依頼を受けた夫(段田安則演じる伴蔵)が迷っているのを見て、お峰は夫の背中を押します。そそのかしたと言ってもいいでしょう。伴蔵は、人の命が奪われるのを承知で幽霊の期待に応え、百両という大金を手にしました。それを商売の元手にしたのです。

羽振りのよくなった夫伴蔵が、今で言う不倫に走ったのはお定まりのコース。それを知ったお峰が夫とやり合う場面はなかなかの迫力です。蘭ちゃんはやはりキャンディーズの蘭ちゃんのままではありませんでした。女優としての力量をドーンと見せつけてくれました。

女性のひたむきさと、いざというときの思い切りのよさ。劇中、女は本当にこわいという台詞がありましたが、確かに男はたじたじとなるのが“決まり”と思えてきます。

歌舞伎にもなったこの芝居をシスカンパニー版として演出したのは、あの劇団新感線のいのうえひでのりです。新感線はかつて羽野晶紀がいた頃に初めて見て笑い転げ、はまってしまいました。そのいのうえ演出で蘭ちゃんが出るとなれば見ないわけにはいきません。その期待に答えてくれました。

歌舞伎の所作が随所に生かされていたり、落語の語りが絶妙な効果を発揮していたり、舞台美術の美しさが目を楽しませてくれたり・・・と特筆すべきこともいろいろありました。

うーん、もういちど見たいなあ。

怪談牡丹燈籠 2009年8月31日まで
シスカンパニー プロデュース

Bunkamuraシアターコクーン

Category: 雑談
Date: 1970/01/01
Posted by: menjo
クリスマスが近づいて、街のあちこちに光の芸術やらオブジェやらが増えていますね。
原宿の表参道ヒルズをちょっとのぞいてみたのでご紹介します。






Category: 雑談
Date: 2008/06/08
Posted by: まき
「くりはま花の国」での体験会、お疲れ様でした。
ポピーはもちろん、時計草、キンケイソウ、エンドレスサマー、
セージ、ラベンダー、たくさんのお花やハーブがきれいでした。
おそばもおいしかったし、足湯でのんびりできたし、
なによりお天気に恵まれて最高でした。
緑もあって、景色もよく、ちょっとした旅行気分を味わいました。

「くりはま花の国」NWにおすすめの場所でしたね!
「くりはま花の国」体験会を企画してくださった
長井さんありがとうございました!!

(編集部より:ニュース・情報欄の写真集をご覧ください。)

Category: 雑談
Date: 1970/01/01
Posted by: menjo


京浜東北線の浜松町駅で朝7時過ぎに人身事故(あとで見たニュースで飛び込み自殺と判明)があり、横浜在住の私は横浜駅で乗り換えようとして、あまりの混雑ぶりにおじけずいてしまいました。ホームの上は人があふれ、ちょっと誰かが転んだり押したりしたら、固まりになって線路に落ちるのではないかという恐怖を感じました。JRは京浜東北だけでなく東海道線も止まってしまったので京浜急行など他社線に人が殺到、写真のように警官が出動していました。それにしても、こういうときのためにちゃんと「京急の最後尾」なんて札が用意してあるんですね。

自殺者には多数を巻き込まないでほしいと言いたいところですが、月曜の朝に自殺する人の心中は察するに余りあります。

Category: 雑談
Date: 558/11/20
Posted by: menjo
地下鉄駅通路三ツ沢上町

4/20のノルディックウォーキング体験会の下見を終えて、豊顕寺の近くから横浜市営地下鉄の三ツ沢上町という駅を利用しました。東京と違って横浜は地下鉄が縦横に交差しているわけではないのに、なぜかずいぶん深いところに駅があります。エスカレーターを乗り継いで降りていくのですが、途中、もちろん階段も利用できます。ところが階段の入り口には写真のように扉がついているのです。階段に行き着くまでにはしばらく通路を歩かなくてはいけないようだし、入っていくとなんだか閉じ込められそうで不気味です。以上、単なる話題でした。

Category: 雑談
Date: 2008/01/29
Posted by: アイリッシュ
はじめまして。
イベントが終わってしまってからこのサイトを知りました。
今元気な宮崎県で、これからノルディックウォーキングの普及活動を行なっていきたいと思っている細山田と申します。

全くと言っていいほど、宮崎県ではノルディックウォーキングの知名度がありません。
そんな環境でインストラクターの長谷川先生や(株)キャラバンの伊藤さんのご協力を得て、いきなりインストラクター研修を開催しました。

これから普及活動を行なっていく上で、イベントの開催の仕方やノルディックウォーキングの知識など、色々と教えていただきたいと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。




Category: 雑談
Date: 2007/10/20
Posted by: menjo
Canvas@SONYというアートのイベントがソニービルで開かれていました。ビルの壁一面にも作品が。↓「画像を表示」というところをクリックしてください。
画像を表示

Category: 雑談
Date: 2007/10/07
Posted by: menjo
トップページに、ポールの先のゴム(パッド)をどのくらいで取り替えるかというアンケートをやっています。編集部が用意した選択肢の中に、「自分で溝を掘る」というのがあって笑ってしまいました。

そんなことまったく思ってもみなかったのですが、きょうふとゴムの底をしげしげと見てみました。もしかしたらホントに彫れるかもしれないと思いました。確かにちょっとすり減ったくらいで新しいゴムに取り替えるのはちょっともったいないような気がします。

Category: 雑談
Date: 2007/09/30
Posted by: menjo
今週は土日とも雨でした。やんだ時間もあったのですが、路面がぬれているとポール(アスファルトパッド)がすべってやりにくいですね。
そこで、ひさびさにストレッチシートを取り出して室内で全部やってみました。忘れていてやってなかった種類のストレッチ法も書いてあって、見直す機会になりました。
画像を表示

Category: 雑談
Date: 2007/09/03
記録や勝利を目指してガンガン走るのもいいけど、
神宮外苑周回コース、それも車道を走った後に、
神宮球場で野球を観戦できる大会があること、知ってますか?
早稲田の「ハンカチ王子」斎藤投手が活躍している
東京六大学野球が無料で応援できるのです。
9月30日開催の「東京六大学オータムラン」。
走った後に、慶應対東大、そして早稲田対立教の試合があります。
応募サイトは、Homeより。
締切は9月7日(金)ですよ。

Category: 雑談
Date: 2007/02/22
Posted by: めめねん
めめねんです。

ノルディックといってもこちらはスキーの方。
暖冬の影響でノルディックスキー大会が
中止になってしまったそうです。
みなさん、さぞかしがっかりしていることでしょう。お気の毒です。

http://www.tokyo-np.co.jp/event/knsf/

Category: 雑談
Date: 2007/01/26
Posted by: ito
1月23日に行われた、日本ノルディックフィットネス協会設立総会に出席してきました。
これで、益々ノルディックウォーキングの普及が盛んになると思います。

そして、1月21日に行われたノルディックウォーキング講習会in大阪城公園(関西日本・フィンランド協会主催)の様子がテレビ放送されました。

関西地区限定ですが、
1月23日(火)
よみうりテレビ『ニューススクランブル』にてです。

当日の指導をした高橋直博ナショナルコーチのウォーキングのフォームや参加者の感想、そしてRUN-WALK Style店長の三浦誠司さんのインタビューが放送されました。
因みに、私もインストラクターしましたが、一瞬だけ映ってます

«Prev | | 1 | 2 || Next»

元気学校とは | このサイトについて | プライバシーポリシー | お問い合わせ
© 2006 元気学校 All Right Reserved