[アルバムの上はこちら]

蔵王レポート、今回は高橋直博さん特集です。高橋さんは、国際ノルディックウォーキング協会(INWA)公認インターナショナルコーチという肩書きを持っています。日本国内ではただひとりです。昨年までナショナルコーチという肩書きだった高橋さん。インターナショナルコーチになって、ますます活動が国際的になっているようです。日本とフィンランドの往復だけでなく、アジア各国にも指導に出向いています。

高橋直博さんのクラスの記念撮影


以下はストレッチの指導や心拍計測の話などの場面です。






高橋さんの奥さんのリーサさんもいっしょにフィンランドからやってきて、きょうは生徒です。






JNFA会長の三浦望慶先生(仙台大教授)から心拍の計測について解説


東北福祉大の齋藤昌宏先生からも補足説明



蔵王のレポート再開です。今回は1日目のパーティの模様をお伝えしましょう。

楽しく歩いて、温泉でのんびりして、さて乾杯です。 高橋直博さんのあいさつ。


見知らぬ人同士坐っても、すぐうちとけて話に花が咲きました。


左のおふたりは、信州すわノルディックウォーキング協会の方。


高橋直博さん(インターナショナルコーチ)と中国からのみなさん。中国でノルディックウォーキングの普及に努めるショウさんと仙台大学留学生のおふたり。


三浦協会会長(仙台大学教授)夫妻を囲んで。




高橋直博さん、リーサさん夫妻と記念撮影。




だんだん「速報」ではなくなってきた蔵王レポートの第8弾です。
今回は、ノルディックウォーキングのファッションショーと言えるコーディネート・コンテストです。会場は笑いの渦に巻き込まれました。その雰囲気をご覧下さい。

優勝の女性。仙台近郊の地元ではノルディックウォーキングをいっしょにする人がまだほかに見あたらないそうです。これがきっかけで仲間ができるといいですね。




















蔵王のノルディックフィットネスフォーラムのレポートも最終回となりました。
今回はフォーラムの締めくくりを飾るイベント、ノルディック・ダッシュの模様をお伝えします。(東北福祉大学のホームページでもニュースとして報道されています。)
これは、ラフォーレ蔵王から2,3キロ離れた牧場の斜面で行われました。上り坂を95メートル。事前準備では、ダッシュ競技に適した斜面を探し回ってここに決まったそうです。
見るからにスタミナを消耗しそうです。いやあ、堪能しました・・・・。

優勝者のダッシュ。










女子決勝。



















高橋さん夫妻、仲良く観戦。


高橋さん、講評。


(以上)
[アルバムの上はこちら]