運動器という言葉は耳慣れないですが、循環器とか消化器と聞けばわかりますよね。運動器はそれと並ぶ言葉で、歩行やバランス維持にかかわる筋肉や骨格の総称です。
年齢がいくと運動器が弱ってきます。特に歩けるかどうかで、行動範囲やできることの範囲がまったく違ってきます。

みなさんのお父さんやお母さん、あるいはおじいさん、おばあさんはちゃんと歩けますか?ちょっと弱ってきたなあ・・・と思ったら、ぜひ下記の講習会にお連れください。最高の親孝行ができます。

ポールウォーキングを開発した安藤邦彦先生は、歩けない人のかなりの人は、歩けないではなく「歩かない」であると言っています。ポールというサポートの道具を使って、歩くんだという明確な意思をもってやれば、大多数の人は歩けるようになると言っています。


(安藤邦彦医師のインタビュー)

ポールウォーキングは、「親を元気に育てればあなたの老後も安心です」(米山公啓著、ダイヤモンド社)の最有力の具体論です。

◆9月13日(土) 足が弱くなったお父さん・お母さんのために ポールウォーキング講習会 飯田橋駅隣接ビルにて
◆9月18日(木) ポールウォーキング協会発足記念イベント ポールウォーキング紹介&体験会 足が弱くなったお父さん・お母さんのために  丸の内・フィールファインにて 

(開催案内、申し込みは↑各項目をクリック)