「2本杖と出会った感激」という話を書きましたが、そのときに使ったポールは下のようなものです。スキーのポールメーカーとして有名なシナノ(長野県佐久市)が医師の主導で作ったものです。シナノではノルディックウォーキングと区別して「ポールウォーキング」と呼んでいます。
ノルディックウォーキングのポールと比較すると、先端のゴムが丸くなっています。また、ストラップが手をくるむ形ではなく、すっと簡単に手を入れられる形になっています。



このポールだと、やり方を覚えなくとも、杖の延長の感覚ですぐに使うことができるようになります。ノルディックウォーキングのポールでも兼用できなくはないのですが、転倒したときを想定して、せっかくついているストラップを使わないようにした方がいいこと、しかし、ストラップを使わないと握力の弱い人の場合、下の方に手をすべらせてしまう恐れがあることといった問題があり、専用ポールの方がすぐれていると言えます。

開発者の安藤邦彦医師(医学博士、公認スポーツドクター、安藤整形外科松代クリニック)は、「運動器不安定症」の人たちの歩行を回復することを念頭に開発したそうです。運動器とは身体運動を可能にする身体部分の総称です。そういう意味では、NHKの番組を見て、自分も前を向いて歩きたいという切実な気持ちで元気学校に問い合わせをしてきた人たちにぴったりのポールだと言えましょう。

注)運動器不安定症=高齢化により、バランス能力および移動歩行能力の低下が生じ、閉じこもり、転倒リスクが高まった状態(整形外科学会)

※シナノのポールが買えるショップ「元気日和」